第一種電気工事士、第二種電気工事士などの資格受験対策 日本電気工事士協会

入会のご案内

各講習会のご紹介

電気工事士必修
平成30年度・第2回地中線用GR付高圧負荷開閉器(UGS)施工技術認定講習会ご案内

募集中!

UGS講習会案内の写真差し替え分17.12.25 本講習会は、高圧受電設備規程(JEAC8011-201)「付録 東京電力㈱サービスエリア内」「供給用配電箱の取扱い」「2.供給用配電箱の施工」で要求される工事施工者の技能を修得するための講習会で、所定技能の修了者には認定証を発行します。高圧自家用受電設備からの波及事故防止策として、高圧自家用受電端に地中線用GR付高圧負荷開閉器の取り付けが推奨されております。
 本講習会を通じて、GR付高圧負荷開閉器の取り付け工事について、正しい知識・技能を修得されるようお勧めご案内いたします。

    
講習の詳細
主催 (一社)日本電気工事士協会
協賛 (一社)東京電業協会 (一社)東京都電設協会 東京都電気工事工業組合
日時 平成30年8月25日(土)
9:00~17:00
会場 東京電力パワーグリッド㈱枝川技能研修センター (東京都江東区枝川)
受験資格 ①第一種電気工事士免状保持者は、5年ごとの定期講習会を受講している方。
 但し、受講日前日時点で免状取得後5年未満の方は定期講習の受講有無は問いません。
②第二種電気工事士免状保持者は、取得後の工事実務経験が5年以上の方。
受講料 ①主催および協賛会員の方 
――― 25,000円(テキストおよび実習教材付・消費税含む)
②一般の方
――― 29,000円(テキストおよび実習教材付・消費税含む)
※ご入金後は、各種手配の関係もあり理由によらず返金不可となります。予め、事前に十分ご理解の上でお申し込み下さい!!
但し、受講者変更は可能です。講習会開始1週間前までにお申し出下さい!
申込要項 ①事前に空き状況をご確認頂いた上でお申し込み下さい。
②別紙所定申込書に、写真2枚(縦4㎝✕横3㎝)と工事士免状のコピー(第一種の方は免状裏面の5年ごとの定期講習受講記録の頁のコピーも必要)を添えてご郵送下さい。
③受講料は、受講お申込み後必ず1週間以内に下記銀行口座にお振り込み下さい。
※振込手数料は、お客様にてご負担下さい。
みずほ銀行赤坂支店・普通 1378721・一般社団法人日本電気工事士協会
④ご入金確認後、講習日1週間前までに受講票と会場案内図を送付します。
認定証の交付 本講習会を修了し所定の技術を有すると認めた方には、後日、認定事務局である(一社)日本電気協会関東支部より「施工技術認定証」を発行します。
お申込み問い合わせ先 (一社)日本電気工事士協会事務局 東京都港区新橋5-25-3第2一松ビル5F
TEL.03-6452-9444  FAX.03-6452-9445

ご注意事項

①昼食はご自身でご持参ください。(近くにコンビニ・ファミレス等あり) 
②敷地内には駐車場があります。が数に限りがあります。 
③作業用服・作業手袋 
④筆記用具 (鉛筆・ボールペン・ピンクまたは黄色のマーカーペン)・ゴミ袋
※講習会で出たゴミ、弁当容器・ペットボトル等全てご自身の持ち帰りとなります!
地中線用高圧負荷開閉器(UGS) 施工技術認定講習会平成30年度・第2回UGS施工技術
認定講習会

講習のお申し込み

WEB申込

右記「講習申込書」にて下記宛FAXでお申し込みください。
FAX:03-6452-9445

FAX申込


講習会申込書
ページのトップへ戻る